STOPtheSMAP〜SMAP1996年春コン会議〜



前回上げたこちらのエントリーで書き起こした「STOPtheSMAP」のテープ。実はもう片面には、同春コンに向けてのSMAP6人全員での会議が収録されていた。せっかくなので自分の記録の為にもこちらも文字起こししておこうと思う。

中居(以下:中)「静岡県にお住まいのまきこちゃんから届いたおハガキですご紹介致します。『DearSMAP、SMAPの皆さんこんにちは!』」
全員(以下:全)「こんにちはー!」
中「『この前ファンクラブの会報で春のコンサートの情報が来たんですが、なんと浜松でコンサートをやるとわかってすごく嬉しかったです。SMAPが地元に来てくれるなんて思ってもみなかったので嬉しかったです。絶対に行きます。楽しみにしております。今回の春のコンサートではどんなことをやろうと考えているんでしょうか。なんでもいいので教えてください。』」
木村(以下:木)・森「ちーばーのピーナッツ〜浜松のうなぎ〜うひゃひゃ!」
木「覚えてるねぇ(笑)」
中「さて、春のコンサートねぇ、あのー冬のコンサートはね個人個人で皆さんでプロデュースしたということで、演出衣装、各メンバーがやったということですが、」
木「これをあれでしょ?」
中「ん?」
木「ちょっと形変えるような感じでやるんでしょ?」
中「うん、そうですね」
香取(以下:香)「あのホワイトシアターとかでずっとやってたんで、地方とかでね見たことない人とかいっぱいいると思うんで」
中「あの、カウントダウンをやってね、私達の街にも来てくださいっていうのが非常に多かったのでね」
香「色んなところでね、お正月にやってたものをそのまま、」
中「あとどこ行くのかなぁ?北海道行って盛岡行って福井行って」
木「浜松やって」
中「浜松やって広島やって福岡やるということですね」
森「すごいですね」
木「結局はツアーやんけー!」
中「そうですね春のツアーですね。構成の方なんですけどもぉ、オープニングは森さん!」
森「そうですねやっぱちょっと変えたいですねぇ」
中「変えますぅ?」
森「少し全体的なのは、流れは変えないでやっぱ曲をちょっと変えようかなと」
中「曲を変えますか」
森「そうだねちょっと考えます。アルバムもちょっと入れたらおもしろいんじゃないかなと思ってもう僕はちゃんとね、ちょっとはカップリングとか、色んな曲をここに入れたらおもしろいなっていうのは、」
中「振り付けは…」
森「当たり前ですよ僕は暇ですから!」
中「あとソロは、トンキーだっけ」
森「パンキー…」
香「パンキーだよばかにすんなおまえ(早口)」
森「慎吾がつけた名前、パンキー」
香「僕がつけたパンキーだよファンキーよりそれ以上だパンキーだパだぞファじゃないんだ(超早口)」
中「じゃあラップは何すんだよ〜(めんどくさそう)」
香「なんでそんな、投げやりにならないでよ(すごいかわいいこれ!!)」
―森くんと慎吾が同時に喋ってて聞き取れず―
香「僕のラップですか?」
中「あれはあのまんま、あのまんまですね?」
香「ラップは…もうすごいことに…おいおいおいもう終わりかよ!」
中「なんなんだよお前(笑)」
香「今森くんが変えるって言うんだったら俺もやらなきゃいけない」
中「おーまえ頭から全部変えそ〜〜(笑)」
香「何がですか?」
森「あ!ソロぐらい変えようねー!ソロは変えよう?」
稲垣(以下:稲)「ソロ変えるとぉ変えたっぽくはなるかもね確かに(笑)」
中「変えたっぽく(笑)剛くんオリジナルは」
草彅(以下:草)「そうですね〜…時間があったら…」
中「もうやりませんねこれは」
草「えへへへへ(かわいすぎる)」
森「ちょっとオリジナルさぁ、オリジナルさぁアレンジ変えてさぁすげぇハウスバージョンとかにして、かっこよくない?」
香「なんでもハウスじゃないですか(笑)」
森「俺ハウス好きだからねぇ」
中「スマップインザハーウス(イケボ)」
森「それにジャングルバージョンとかさ」
草「いいねジャングル(適当)」
木「ハハハハ」
香「マークパンサーさんね」
中「ロックンロールメドレーは」
木「ロックはぁ」
森「ダンサーとか入れてやるっていうのもかっこいいよね」
木「ロックはさぁだってさぁカウントダウンも流れたじゃない?全国的にも。だからあれを間近にやった方がいいんじゃねぇかなっていうのもあるし、もしくは、弾く!」
森「お、ギターを?」
木「うん、弾いちゃう!とかね」
香「木村くんと吾郎ちゃんで弾いちゃう」
中「弾かれてる、僕らは、僕らは何やってんの」
香「僕らも楽器ですよね」
木「だからーバンドなんですよ、僕と吾郎とかが、バックバンドなんですよ」
全「おーーーーー」
木「とかね、まぁそれはわかんないですけど」
森「まぁ、楽しみにしててほしいね」
中「ねー」
草「結構キンキとかさぁ結構他の人の歌とか歌ってんじゃんねぇ、ヒロミゴーとかね」
木「すごいことやってたよだってイーグルスとか歌ってんだよ」
草「ねー」
木「イェーバリィチャララロラ♪とかってビックリしちゃったもん俺、楽屋で控えながら」
草「俺たちそういう、歌わしてほしいんだよだから」
中「あ、アンコールどうします?吾郎ちゃん」
稲「あ、アレいいんじゃないすか?アルバムの曲とか、アルバムの曲とか入っても1曲くらいなら」
木「そーれじゃまたねおーつかれさま♪」
中「そーれじゃまたねパーンチ!(謎テンション)」
稲「何気にいい曲だよ、この曲もいいじゃん結構「恋があるから世の中です」もいいじゃん」
中「楽しみですねどういう展開になるのか。はい、それではここでSMAPのアルバムの中からですね、聴いて頂きましょー!SMAP008から「恋があるから世の中です」!」

※木村くんと森くんが浜松と聞いて口ずさんだちーばーのピーナッツ♪という曲は「SMAPのがんばりましょう」の中で木村くんが即興で作ったストロングA(夢がMORIMORIの予告編シアターというコーナーで生まれたつよぽんのキャラ)のテーマである。ちなみに浜松のうなぎの後は「名古屋のういろう」と続く。
どうもこれを残しておきたくて消さずにいたっぽい過去の私(笑)ついでに「SMAPのがんばりましょう」の中で歌ったやつもしっかり残してある。
今では考えられないメンバー全員でのラジオだが、若さも相まってまぁ〜〜好き放題しゃべる。書き起こしが想像以上に大変で所々話が繋がっていないのは私のポンコツ耳のせいでもあるが、実際にメンバーが適当に話しているせいだというのもご考慮頂きたい。
つよぽんは全然話に入ってこないくせに突然入ってきたと思ったらキンキは他の人の曲も歌っててズルいとか言い出してこのくだりは本当に笑った。森くんのハウスバージョンのくだりのやりとりは、すごく当時を思い出してほっこりした。この上からも下からもイジられる感じ、今はまさに同じく中間管理職だった吾郎ちゃんが担っているんだよなぁ。
映像で見る若きSMAPももちろんかわいいのだが、声だけの若きSMAPは映像で見るよりも更に可愛く愛おしかった。当時聞いていた方もそうでない方も、文字から若きSMAPを想像して楽しんで頂けたらこれ幸い!