今、ジャニーズJr.に歌って欲しいSMAPの楽曲10選

私は、まだデビューしていない後輩が先輩の楽曲を歌うというジャニーズの伝統的なシステムが好きだ。私自身もそのシステムのおかげで知る事が出来た楽曲がたくさんある。


フォロワーさんの呟きで知ったのだが、最近Jr.の子たちがSMAPの楽曲を頻繁に歌っているらしい。少し前に「$10」をJr.の子たちが披露した際に「誰の曲?」と若いファンの子たちがザワザワし、それを知ったそこそこの年齢(オブラート…)のジャニヲタ達が「とうとうこの時が来たか…」と更にザワザワしたのが記憶に新しいが、どうやらその「$10」よりも古い曲も披露しているようだ。歌ってる子たちもファンの子たちも生まれてないのでは…と絶望したくなる気持ちを抑えながら、これはそんな若い世代のファンの子たちがSMAPの楽曲を聴いてくれるチャンスなのでは!と思い勝手にJr.の子たちに歌って欲しいSMAPの楽曲を独断と偏見で選ばせて頂くことにした。
※ちなみに筆者は黄金期をど真ん中で生きた世代で、現Jr.に関しては毎週「ガムシャラ!」を見ているくらいで大した予備知識のないover30のスマヲタである。

・Teenage Blue(アルバム「SMAP002」収録)
これぞまさに10代の若者の為の曲である。
「どんなに怒られたってどんなに邪魔されたって僕らは止められないよ悪いけどね」
「Teenage Blue誰かのTeenage Blue作ったレールの上を走るもんか」
「やらないで悔やむよりもやって悔やんだ方がイイ」
「だからわたせない僕らのTeenage Blue」
あの後世Jr.に歌い継がれるべきあの名曲「Can do!Can go!」を彷彿とさせるこの歌詞!これを10代のJr.の子たちが歌わずして今後誰が歌うんだ!?SMAPはもう平均年齢40超えとるっちゅーねん!!というわけで是が非でも歌って欲しい一曲。「誰かの作ったレールの上を走るもんか」と歌っていたSMAPが今「誰にも従わずに突き進んだ証」という歌詞を歌っているのもグッとくる。

・君に夢中-Funny Girl-(アルバム「SMAP002」収録)
この曲は歌って欲しいというよりも踊って欲しい。3(中居木村香取):3(稲垣森草彅)のフォーメーションでスタンドマイクを使って踊る振りが超絶可愛いのだ。若干格差を感じる振付がまた味わい深いので、是非推されJr.3人に中居木村香取パートをやって頂きたい。ちなみにDVD「SMAP 007 MOVIES」で振付を見ることができる。

さよならの恋人(アルバム「SMAP001」収録)
これはJr.担の皆様イチオシのシンメの2人に是非とも。シンメの儚さを思ってBBAは泣きます。いつまでもあると思うなシンメトリー。個人的には聡マリの声が出来上がってしまう前に歌って欲しいとずーーっと思ってるんだけどまだですかね(もはやJr.ではない)
原曲もまだしんつよの声が出来上がる前のもので、そんな2人にこの曲を歌わせたことはビクターとSMAP運営の最大の功績ではと私は思っている。

・Let's go to 週末ヘブン(シングル「しようよ」収録)
この記事を書くきっかけとなった現Jr.担のフォロワーさんが呟いてらした「ゼロ年代のJr.の不健全さ」がこの曲にはある気がする。今のJr.の子たちには確かにKAT-TUNやキスマイのようなチャラさはパッと見あんまり感じないけど、だからこそ歌ってみて欲しい。
「チラッとワルいことしたいじゃない」
「タブーの向こうがわのぞいてたい」
このちょっとオイタをしてみたい、っていう感じがちょうどいいんじゃないだろうか。振付もセクシーで素敵なので是非(これもDVD007で見ることができます)

・君は君だよ(シングル「君は君だよ」アルバム「COOL」他収録)
Jr.を担当したことのあるジャニヲタならば一度は自担に対してこの曲の歌詞のように思ったことがあるのではないだろうか。
デビューしたい子たちがみんなデビューできてみんな笑えればいいのになぁと、自担がデビューできなかった過去を持つ私は思ってしまう。否が応でも比べられて辛い時もたくさんあるだろうけどがんばれ、という思いも込めて。
「君は君だよ 他の誰にもかわりなんかできやしないんだから」

・Heartの秘密(アルバム「SMAP002」収録)
002推しすぎ問題。
これは若いピチピチの男の子に「初めての経験が怖いよ」って歌って欲しいだけです!!以上!!

・日曜日のアニキの役(アルバム「SMAP004」収録)
我が軍が誇る永遠のショタ香取慎吾さんのソロ曲!年上目線でばかり選んでしまったのでここで年下目線の曲もひとつ。
年下の女の子に恋して「アニキじゃなくて男として見てくれよ!」っていう曲。擬似恋愛にぴったり。

・Run!Run!Run!(アルバム「SMAP001」収録)
これは黄金期には割と歌われていた記憶があるんだけど今は歌われてないのかな?
「聞かせてよ今大きな声でいつでもそばにいると 誓うから今走っていくよ夢をつかむまで」
デビュー前のJr.にぴったりではないか!この歌詞!いつでもそばにいるよおおおお!と叫び出したくなりますね。

・笑顔のゲンキ(シングル「笑顔のゲンキ」アルバム「SMAP004」他収録)
SMAPの中でも特に清く正しいアイドルソングだと思う曲。「心のビデオは君を録画する」という歌詞があるのでジェネレーションギャップが怖いんだけども…。「赤いリボンもキリリッと」のキリリッの振りを是非やって頂きたい所存。

はだかの王様〜シブトク つよく~(シングル「はだかの王様〜シブトク つよく~」アルバム「SMAP009」他収録)
チャラい〜~〜~〜~!若いうちからこういうあざとさもきっと必要だよ、という意味を込めて。どちらかというとピチピチの子たちより少しお兄さん世代のJr.に歌って欲しいかなーと思う。6スマ厨としては森くん最後の曲ということで思い入れが強すぎるんだけど、いい意味でそれを払拭してほしいなぁという願いもあったり、なかったり…。

独断と偏見で選んだら本当に独断と偏見になってしまった。偏り過ぎである。Jr.が歌うとなるとやはり曲にも若さを求めてしまうのかすべてが6スマ時代の曲…6スマ厨乙…。初期の曲すぎて若い子には抵抗あるかな…でも「Teenage Blue」は本当に本当に歌って欲しいなと思う。実現するかどうかはさておき、選ぶのはとても楽しかった。今後もJr.の子たちにはたくさんたくさんSMAPの曲歌って欲しいなー!そして若いファンの子たちがSMAPの曲を聴くきっかけになればいいなー!とBBAは思っている次第である。初期の曲にも名曲はたくさんあるので、聴いて頂ければこれ幸い。
以上、現Jr.に対してほとんど知識のないスマヲタによる「ジャニーズJr.に歌って欲しいSMAPの楽曲10選」でした!