「Thank youじゃん!」マルチアングルMVの北山宏光ソロアングルの中毒性がえげつない件について

Thank youじゃん!  初回生産限定盤B (CD+DVD)

Thank youじゃん! 初回生産限定盤B (CD+DVD)

キスマイの新曲「Thank youじゃん!」の初回盤Bの特典であるマルチアングルMVがすごい。パッケージには(複数のカメラで撮影した映像を自由に選び、自分だけのオリジナル編集を楽しめる最新鋭の機能を搭載)とあるが、早い話が自担オンリーのMVが見られるいう画期的かつ大変魅力的な特典なのだ。
早速試してみたのだが、パートごとに見たいメンバーを選択するという作業がなかなかの手間である。さらに一回見終わると設定がリセットされてしまうのでまた一から設定し直さねばならずリピートが面倒臭い。しかしその面倒臭い作業も厭わない程の天国がそこには存在していた。これは麻薬だ。大変危険である。
言うまでもなくまず北山くんのみを選んで再生した。「しゅ、しゅごい…」私は画面に釘付けになった。北山くんの自分を魅せる(魅せつけると表現した方が正しいかもしれない)能力に私はただただ見惚れるしかなかった。ひとりひとりに専用のカメラがある為「常に自分だけが撮られている」という意識は普段の撮影やコンサートより強くあると思うのだが、北山くんはその「常に自分だけが撮られているからかっこよく見せたい」感が本当に自然なのだ。まず視線の配り方がすごい。実に絶妙。正面にカメラがあるからといって常にカメラ目線なわけではなく本当にタイミングよく視線をはずしているので、その次の瞬間にカメラ目線になった時の興奮たるや、そう、コンサートで「い、い、今!目が合った!」状態そのものなのだ。特に斜め横アングルから撮っている部分のカメラ目線のバランスはもうアッパレである。完全に「私のこと見たァァァ!!」状態に陥って戻ってこれなくなる。もう完敗だ、と思ったのが大サビの「キミだけに モテたいからさ」の部分。そこまでずっと視線をはずしていたのに突然こっちを見てくるからもう悲鳴を上げて倒れるしかない。その歌詞でこっち見るゥ!?って胸ぐらをつかんで問いただしたくなる。そしてトドメのラストキメポーズのカメラ目線で御臨終である。もうずーっとずーーーっとどこを取ってもかっこいいしかわいいし北山くん怖い。マルチアングルが沼すぎて怖い。マルチアングルMVの威力想像以上に凄まじすぎる。購入してまだ数日だが、北山くんソロアングルだけで元は取ったのではないかと思う程の再生回数に達してしまった(数えてないけど)。MVだとコンサート映像のマルチアングルよりも「独り占め」感が強いので、これはとてもオタク心をくすぐるなぁと思った。自担だけのMVなんてオタクにとっては宝物でしかない。本当に本当にこれは全ジャニーズのグループに是非とも採用して頂きたい機能である。

さて、そろそろ他のメンバーも再生してみよう。と思いながらも私はまた、北山くんだけを選択してしまうのだ。しばらくは北山宏光ソロアングル中毒から抜け出せそうにない。